クラスTシャツやパーカーをオーダーしてイベントを盛り上げよう

手軽に作成依頼

様々な所で活躍させれる

男女

学園祭など大きなイベントを行う際に、クラスTシャツを作成する事が多いです。クラスTシャツはデザイン、カラー、素材を揃える事でイベント自体を盛り上げるだけでなく、クラス全体に一体感が生まれるなど多くのメリットがあります。しかし、イベントが終わればクラスTシャツはもう着なくなってしまう、という方も多く、捨ててしまう方もいらっしゃいます。クラスTシャツはその時だけに限らず、多くの場面で活用する事が出来ます。例えば結婚式の余興で使われる事があります。同じクラスの友人が結婚した際に、新郎、新婦の為にクラスTシャツを着て会場を盛り上げたり、クラスTシャツが無い場合は同じ物を依頼して作る事も出来ます。さらに、着ない場合でもリメイクする事で子供服、ペット服、クッションカバーやエコバッグなど日常的の使える物に変え、思い出として取っておく方もいます。ミシンや知識が無くともハサミで簡単にリメイクする事も可能なので、一度挑戦してみると良いでしょう。これからクラスTシャツの作成を考えている方は、なるべく他でも活用できる事を考えながら作成されると良いでしょう。Tシャツのサイズによってデザインの見え方や全体像が変わってくるので、一つのサイズで決めるのでは無く、必要なサイズにそれぞれデザインを合わせて決めていきましょう。デザインのテンプレートを活用して依頼できる業者も多く、手軽に作成したいと考えている方はチェックしておくと良いでしょう。

身だしなみとしての制服

女の人

オリジナルユニフォームの作成に取り掛かる前に、まずはコンセプトを定める必要があります。制服は単なるおそろいのファッションではなく、着用する人の立場や所属を表すという重要な役割を持っているのです。例えば高級感漂うオフィシャルなホテルの制服がTシャツだったら、ドレスアップして訪れた利用客は違和感を持つでしょう。またビジネスホテルであっても、食堂のサービススタッフと客室清掃のスタッフが同じ服装であると不自然さを感じます。オリジナルユニフォームは使用される現場の雰囲気に合わせたスタイルで作らないと、利用者によい印象を与えられないのです。加えて着用するスタッフの仕事を妨げない機能性も考慮しておくべきです。一見美しいデザインであっても、着用しづらい、動きにくいオリジナルユニフォームでは着崩れを起こし、だらしないスタッフに見えてしまうのです。企業の印象を左右するオリジナルユニフォームは専門業者に依頼することで手に入ります。ところが一から作成するオリジナルユニフォームでは、1着あたりの単価が1万円を超えることも珍しくはありません。生地の調達、デザイン料、縫製代など多くの工程を経るからです。そこで多くの企業が利用しているのが名入れおよびロゴ入れサービスです。基本となるユニフォームは市販品ですが、胸元や袖、襟などに企業ロゴの刺繍を施すのです。目を引くワンポイントがあるだけで印象は一変し、カジュアルシャツが正式なユニフォームになるのです。

メーカーで異なるサイズ

インク

オリジナルウェアのオーダーでは、最初にデザインを指定して注文を入れますが、パーカーなどのスポーティなアイテムは、製品のサイズも重要です。動きやすさや見た目のバランスなどを考慮して、メンバー1人1人に合った規格の商品をオーダーすることが必要です。オーダーサービスが受け付けているパーカーのサイズは、取り扱っている製品によって規格が変わります。Sサイズに該当するパーカーが、別なメーカーではMサイズに入ることも十分にあり得ます。主に身長やウエストサイズなどから決まってくるのが、このようなカテゴリー分けです。子供用、レディース用、メンズ用では、サイズ表示が違う場合もありますので、オーダーの際にはサイズ表を見ながら適正なサイズを見極める作業が求められてきます。身長150センチ前後の小柄な女性の場合、レディース用のSサイズよりも子供向けの150サイズの方が体に合う場合があります。ウエスト丈のパーカーを希望する時には、実際、150サイズの方が丁度良いサイズ感になります。パーカーは、着丈の好みによっても適したサイズが変わってきます。やや長めの丈で統一する時には、小柄な女性でもレディース用のサイズが適当と言えます。提携しているウェアのメーカー次第で、サイズの規格が変わる点はオーダーを入れる時に知っておきたい知恵です。いつものサイズを参考に、細かく規格をチェックすれば、ジャストサイズのウェアが購入出来ます。